ピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚にグリコール酸やサリチル酸(マクロゴール基材)などの化学薬品を塗り、肌の角質を一度剥がすことで、表皮の新陳代謝を行いニキビやしみ、しわなどをを改善していく治療法です。
ニキビで行われるケミカルピーリングは角質のみの浅いピーリングを行うので、グリコール酸が用いられることが多いです。

ケミカルピーリングを行う頻度は、年齢や皮膚の乾燥度合いなどによっても異なりますが、おおよそ2週間に1度、5〜6回程度行います。ケミカルピーリングはニキビの改善には効果の高い治療法ですが、以前はピーリングが普及し始めた頃に、エステサロンなどが確かな技術を持たずに行っていたためにトラブル等もよく起きていたようです。
現在ではケミカルピーリングに関する治療のガイドラインが制定され、安全で効果の得られる治療法となっているようです。

また最近ではケミカルピーリングと同時に、「美白効果」や「毛穴の引き締め」など美肌作用のあるビタミンCをイオン導入することで効果を最大化させるケースが多く見られます。
ビタミンCによって活性酸素を除去したり、コラーゲンの生成を促す働きをしたり、メラニン色素の合成を抑制することができるのです。
ケミカルピーリングは現在では効果的なニキビ治療法の1つですので、皮膚科や美容外科などで相談をして、検討してみると良いと思います。