ニキビ用化粧品

最近ではニキビ用の化粧品や洗顔料も発売されています。

跡になってしまったニキビは化粧品ではほとんど治りませんが、黒ニキビや白ニキビなどの初期段階であれば、ニキビ用の化粧品を使うことで治すこともできると思います。

ビタミンC誘導体を含んだ化粧品
ヒアルロン酸の2倍の保湿力があります。また高い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除く効果があります。それによって皮脂の酸化を防ぎ、皮脂の分泌を抑えるので、にきび予防に効果を発揮します。
緑茶化粧品
緑茶の葉緑素は汚れを分解し紫外線を防止する効果や、高い抗酸化作用があり老化の原因となる活性酸素を抑制します。

このような成分を含むタイプの化粧品を使用したり、プロアクティブなどニキビ用に販売されている洗顔料と化粧品をセットで使用することで、ニキビ跡を作らずにきれいに治すことができるでしょう。